病院に行くのも恥ずかしい

私の髪が薄くなり始めたのは、高校3年生の頃でした。はじめは受験勉強のストレスかと思っていたのですが、受験が終わり、無事に大学生になっても髪は薄くなり続け、頭頂部には地肌が目立つようになりました。まだ20歳にもなっていないのに髪が薄くなってしまった私は毎朝必死に髪を頭頂部に寄せ、帽子をかぶり、できるだけ地肌が見えないようにしていました。母は時折、埼玉・大宮にあるAGA薄毛治療の病院に行かないかと提案してくれていました。しかし私は、頭を(例えお医者さんであっても)他人にじっくり見せるということに耐えられず、なんだかんだと理由をつけて病院に行くのを拒んでいました。それからはネットや本を頼りにしながら数か月育毛に勤しみましたが、全く効果が出ず、ついに大学2年生の夏、「このままじゃ手遅れになる」と思い、名古屋にある病院に向かいました。

 

病院の待合室には、私と同じ悩みを抱える人たちがいました(見た目でわかってしまいますね)。初日に説明を受け、月に1回通院し、頭皮に注射をすることになりました。注射といっても小さな針でチクチクと刺すだけで、少し痒いだけのものです。また、毎日ミノキシジルの錠剤を飲むことになりました。それからは徐々に髪が生えてきて、1年経つと地肌が目立たないまでになりました。自己流で育毛していた頃とは大違いです。通院を始めて2年が経った現在、同年代の人より少し髪が薄いくらいまで回復しました。

 

私が薄毛で悩んでいる人に言いたいことは、「すぐに病院に行くべきだ」ということです。恥ずかしがらずに、専門家の力を借りることが、薄毛解消への近道なのだと思います。